中之島線開業・3000系営業運転開始10周年 記念イベントを開催

天満橋から中之島を結ぶ、京阪電鉄の中之島線の開業10周年を記念して、10月19日から「中之島線開業&3000系誕生10周年記念イベント」が始まりました。主なイベントは、中之島線や京阪本線の4駅を巡るクイズラリーや、同じくデビュー10周年を迎えた3000系へのヘッドマーク掲出などです。イベントには開催期間が短いものもあり、注意が必要です。

 

京阪電気鉄道株式会社「中之島線開業&3000系誕生10周年記念イベントを開催します」<https://www.keihan.co.jp/corporate/release/upload/2018-09-14_nakanoshima.pdf>(2018年10月20日閲覧)

 

中之島線は2008年10月19日に開業した、京阪電鉄で一番新しい路線です。天満橋から分かれて、大阪梅田から歩いて10分ほどのところにある中洲・中之島を東西につなぐ5駅3キロの短い路線で、駅舎は意匠を凝らした作りで知られます。

 

クイズラリー(19日~21日)

クイズラリー 渡辺橋駅
クイズラリー 神宮丸太町駅
クイズラリー なにわ筋駅
クイズラリー 大江橋駅

クイズラリーは中之島線の3駅と、京阪本線の1駅の計4駅を巡ってそれぞれのクイズに答えるというものです。クイズはいずれも改札外に設置されているので、京阪で駅まで移動した後その駅で下車する必要があります。4問全て正解するとオリジナルキーホルダーがもらえるので、頑張ってコンプリートを目指しましょう!

なお、クイズラリーの開催期間は19日(金)・20日(土)・21日(日)の3日のみ、時間も9時から15時と、他のイベントよりも短いため注意が必要です。

開催駅:

・なにわ筋駅

・渡辺橋駅

・大江橋駅

・神宮丸太町駅

神宮丸太町駅は京都府なので、移動には京阪特急を使うことをおすすめします。

 

ヘッドマーク掲出

ヘッドマークを付けた3000系 京橋駅にて

開業10周年を記念してヘッドマークの掲出も行われています。取り付けられているのは同じく10周年を迎えた白と紺の車両・3000系で、全6編成でその姿を見ることができます。3000系は中之島線の開業と同時に登場した車両です。

 

掲出期間:10月28日まで

 

ヘッドマーク展示

中之島線の終点・中之島駅では19日限定で中之島線にまつわるヘッドマーク4枚が展示されました。開業時・5周年・10周年のもので、中之島線の軌跡を見ることができます。

 

中之島線について

中之島線は大阪の中心地に極めて近い場所を走る路線でありながら利用者数はほかと比べて決して多いとは言えず、残念ながら話題になることが少ない路線です。しかしながら駅舎のデザインは最先端そのもので、木材を多く用いた温かみのある内装や、画一的な構造物とは一線を画す出入り口など、注目すべき点が多い路線でもあります。

乗り換え路線の少なさなどから中之島線を普段利用することはあまり多くないかもしれませんが、これを機に5つの駅を巡ってみてはいかがでしょうか?

 

文:meronking

写真:御堂筋ライナー

関連記事
京阪
京阪電鉄、錦織車庫にて「大津線感謝祭2018」開催
2018-11-03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA