大阪モノレール3000系一般向け試乗会 ここだけのレア行き先も表示

撮影:御堂筋ライナー

10月13日、大阪モノレールの新型車両3000系の一般向け試乗会がありました。試乗会には抽選で選ばれた計250人が参加し、万博記念公園駅から大阪空港駅までの区間を一足先に乗車しました。土曜日とあって沿線にはたくさんのモノレールファンが集まり、大阪空港駅では大きな盛り上がりを見せました。

今回は午前と午後の2回運転された試乗会列車を追いかけて撮影しました(試乗会は外れました)。

午前の部 万博記念公園駅にて

試乗会は車両基地がある万博記念公園駅から終点の大阪空港駅の間で行われました。参加者を乗せてから大阪空港駅に出発です。

午前の部 万博記念公園駅にて
午後の部 山田駅にて
午後の部 大阪空港駅にて 撮影:御堂筋ライナー

大阪空港駅では折り返しまでに30分ほどの時間があり、撮影タイムとなりました。

撮影:御堂筋ライナー
ハート型のつり革
撮影:御堂筋ライナー

再び乗客を乗せた試乗会列車は元来たルートを戻り、

午前の部 少路駅にて
午前の部 少路駅にて 千里中央方面

乗客を降ろした後、車両基地に戻るかと思いきや彩都線へ・・・

彩都線・公園東口駅にて 撮影:御堂筋ライナー
彩都線・阪大病院前駅にて折り返し

阪大病院前駅のめったに使われることのない折り返し線を通って、車庫へと戻りました。

大阪空港駅にて

撮影:御堂筋ライナー

大阪空港駅ではLED行先表示器にイラストを表示したり、普段使われない表示を出したりとファンには嬉しいサービスがありました。

3000系の行先表示器はフルカラーLED式、そのため「ワイン」や「ビール」など多彩な表現ができるようになりました。アニメーション機能で「イベント列車」と「遠足」は「団体・貸切」表示と交互に切り替わる仕様で、これもLEDだからこそできることです。

ちなみに大阪モノレールでは、これまでにワイン列車🍇やビール列車🍺が運転されたことがあります。

モノレール利用者なら一度は気になったことがあるはずのドア上金具を開いたところ。緊急時はここにロープを掛けて脱出するのですが、より安心して脱出できる「脱出シューター」もあります。

半自動ドアのボタン

当選しなかった私は車内に入ることはできませんでしたが、内装は白を基調としながらピンクや木目調がアクセントで、明るく清潔感のあるデザインでした。デビューしてからのお楽しみですね。

公園東口駅にて 撮影:御堂筋ライナー

大阪モノレール3000系は1021日、万博記念公園駅での出発式の後、1445から運行開始です。

ギャラリー:

記事公開日:2018年10月17日

関連記事
大阪モノレール
いざ大阪の空へ 大阪モノレール3000系がデビュー
2018-10-22
大阪モノレール「イオン号」、更新工事を受け試運転
2018-10-15
大阪モノレール3000系 報道関係者向け試乗会を実施
2018-10-13
運用の都合?それとも故障?大阪モノレール1000系32編成が休車続ける
2018-10-08

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA