今日の大阪モノレール3000系 通電試験で前照灯・尾灯が点灯

7月28日 搬入から早2週間、様子をうかがいに万博車両基地へ行ってみると、3000系の電源が入れられていて、表示器や前照灯などの点灯試験が行われていました。なんか青い・・・!

まずは「回送」表示でテスト。ちなみに両方の先頭車両とも尾灯がついていました。

LED式の行先表示器は1000系・2000系の更新車と同じ物でした。小糸の表示器なので環状線323系のようにイラスト表示が期待できそうです。

しばらくすると「彩都西」表示になり、次に・・・

前照灯に切り替わりました!ら、ライト周りが青いぞ・・・!

 

青く光るのは装飾灯で、ライトケースの縁を半周するように設置されていました。ライト周りのちょうどよいアクセントになっています。光源はLEDでしょうか?

しばらくすると再び尾灯に戻ったので装飾灯は終了。そういえば東京モノレールの新型車両にも青いライトが取り付けられていましたねー

駅に戻ると1000系32編成が駅と車両基地との間に止まっていました。大阪北部地震以来車庫から出てこない1132編成ですが、大丈夫なのでしょうか・・・?

 

 

記事製作日:2018年9月19日

関連記事
大阪モノレール
いざ大阪の空へ 大阪モノレール3000系がデビュー
2018-10-22
大阪モノレール3000系一般向け試乗会 ここだけのレア行き先も表示
2018-10-17
大阪モノレール「イオン号」、更新工事を受け試運転
2018-10-15
大阪モノレール3000系 報道関係者向け試乗会を実施
2018-10-13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA